求人とは

店頭で「パートタイマー募集」の知らせを目にしたり、駅やコンビニに無料の求人誌が置いてあったり、わたしたちの日常には求人広告があふれているといっても過言ではありません。

そもそも、「求人」とは何のことでしょうか。
求人とは労働力を必要とする企業や団体が雇用するために一般の人を募集するということを意味します。
雇用形態も、さまざまな種類があります。
正社員、パートタイマー、アルバイト、派遣社員などです。
企業や団体が、人手が不足したとき残業で補うことができない場合求人で新しい労働力を求めます。
残業で労働力を補うことについては、労働基準法で労働時間の上限が定められているために対応しきれない場合があるからです。
また定年退職した労働力を補充する必要があるときや、事業内容によって特定のスキルが求められるときにも求人がおこなわれます。
求人においての年齢制限は2007年に改正施行された雇用対策法で基本的に禁止されることになりました。
しかし現状では面接や書類選考のさい、実質的には年齢制限が設けられていることが多く見られます。

では、求人の手段としてどんなものがあるでしょうか。
まず新聞の紙面や折り込みチラシ、また街頭で見られるポスターなどでの告知が挙げられます。
また公共職業安定所つまり、ハローワークや新卒者を対象に学校で募集の掲示をする場合もあります。
また時折、大規模な求人イベントで就職説明会という場が設けられることもあります。
こうした会場には、複数の労働力を求める企業が人事担当者などを派遣し仕事について相談することができます。
求人情報誌でも多くの求人情報が得られます。
これらは各主要鉄道駅や書店、コンビニなどで、多くの場合無料で入手できます。
また、最近ではインターネットを媒体とした求人が増加しています。
雇用を求める企業の自社サイトやまたそのほかにも求職専門のウェブサイトで多くの求人情報を得ることができます。
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014知って損なし!お仕事探しに関するノウハウ.All rights reserved.